時として猿轡を同じ感覚で噛ませても

「仕上がり?」「イメージ?」が異なる

場合が多々あります。


色んなことで、わびさびという事柄があるとすれば

猿轡もまた!ありきじゃないでしょうか

物事、努力も大事ですが「出会い」というのも

おつなもの  陶器の焼き物でもいいじゃないですか

完璧を求めるよりも、これから先、個々の好みの

縛りであり猿轡を楽しんでいければエンドレスで

味わえるんじゃないでしょうか^^



uyi.jpg

これ!個人的にツボってます

チャンチャン♪